読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉生活ブログ(セミリタイヤ編)

現在セミリタイヤした筆者の鎌倉生活を淡々と綴るブログ

ロードバイク初心者が1ヶ月乗ってみた感想

こんばんは。カマセイです。

 

 ロードバイクを買ってから丁度一ヶ月が経過しました。

kamasei.hatenablog.com

 

■一ヶ月の記録

ライド回数:14回

ライド時間:約17時間

合計距離:400km

 

この一ヶ月は雨が多く、平均すると週に4回弱乗ることができました。

一回のライディング距離は、最初は20km程から始めて、最近は30kmか40km乗っています。

 

■感想

とにかくお尻が痛い

この一ヶ月はお尻の痛さとの戦いでした。

具体的に痛かった箇所は2つです。

ひとつは坐骨。お尻の真下にあるとがった骨。普段生活するには問題ありませんが、触ると痛いし、サドルに座ると痛い。しかし不思議とロードバイクにまたがって5分もすると和らぐんですね。不思議です。

もうひとつは痺れ。陰嚢から肛門にかけてじんわりと痺れます。最初のころは20kmを超えると症状が出て、最近は30kmを超えると出ます。あと、寝ているときに痺れ感で目が覚めたり…。しかし、こちらもしびれ始める距離が伸びている傾向にあります。

どちらの痛みも今後に期待です。

 

ワリと疲れない

疲れの種類にはいくつかあると思うのですが、脚の疲れ(筋肉の疲れ)と心肺の疲れです。

脚の疲れは現状ケイデンスを意識したライドをしているためだと思います。要するにケイデンスを90~100rpmに保つために、心地よいギアを選択しているため、少しでも重くなると軽いギアにチェンジ!軽くなりすぎると重いギアにチェンジ!を繰り返しています。なので、筋肉はほぼ疲れません。

心肺の疲れも同様です。ケイデンスのみを意識しているので、心拍数もなかなか上がりません。そうは言っても最初の頃は心拍数が170rpmを超えたこともあります。現在は慣れもあると思うのですが、高くても160rpmです。また、心肺は疲れてもすぐに回復するので、ほとんど問題になりません。

 

お金がかかる

ロードバイクは本体が高くてなかなか手が出なかったのですが、本体を買った後もお金がかかりまくっています…。

この一ヶ月で購入したものは以下のとおり。

 

  • バイクシューズ
  • ヘルメット
  • グローブ
  • サドルバッグ
  • ボトルケージ
  • ボトル
  • サイクルコンピュータ
  • フロアポンプ
  • サイクルジャージ × 2セット
  • スマホマウントキット
  • 携帯ポンプ
  • 空気圧計
  • 携帯工具
  • ディスプレイスタンド
  • ケミカル類(オイル、洗剤など)
  • 工具セット
  • ヘッドライト
  • リアライト
  • グローブ

 

総額はまだ計算していません…。恐ろしい…。

 

意外と危険

ライディングは基本的には公道(国道)で行っています。殆どが平日の昼間にライドしているので車は少なめだとは思いますが、逆に走っている車はトラックが主体だと思います。

トラックのドライバーによっては煽るような運転をする人もいて、何度かひやりと扠せられました。

あと、海沿いを走っている関係で数カ所に砂だまりができており、うっかり侵入してしまい何度かハンドルを取られました。

今後はサイクリングロードなどもう少し安全なトレーニング環境を探さなきゃいけないかもしれません。

 

サイクルコンピュータは面白い!

 

kamasei.hatenablog.com

 

こちらのサイクルコンピュータを付けているのですが、これが面白い。

やはり具体的な数値を見ながら走れるのは良いです。特にケイデンスと心拍数。

もちろん速度や距離も必須。

走行中にケイデンスをチラチラ見て、疲れてきたら距離を確認。スピードに乗ってきたなと思ったら速度を確認。そんな感じ。

で、家に帰ってからはSTRAVAにデータをアップロードし、平均ケイデンスや平均心拍数などを前回や前々回と比べたり、累積の距離を見て悦に浸ったりしています。

すでに、サイコンでログを取らないと損したような気分になります。

 

感想は以上です。

高い買い物でしたが、概ね満足しています!